煮もの

 煮ものは、だしをベースに調味料を加えて材料を煮込む調理法で、日本料理では中心的な技法です。本サイトでも、煮もののレシピを一番多く掲載しています。煮ものには、煮汁の旨味をしょうゆ味で煮含める「含め煮」から、しょうゆ味をきかせた濃い煮汁を煮詰めて作る「煮しめ」まで、異なる塩分濃度の多彩な料理があり、材料や用途によって使い分けられます。

 味つけ表の利点は、使用する食材を選ばないことですが、そうは言っても、材料が異なると、適した煮方や塩分濃度が違ってくることもあります。そのような場合には、あなたが作ろうとする料理に最も近いレシピを探して、その味つけ表を参考にされるのがよいでしょう。

 なお、ひじきの煮つけは煮ものの定番ですが、本サイトでは常備菜のページに入れています。このように、煮もののページに無い料理は、常備菜のページか、あるいは和えもののページを探してみてください。



基本の煮もの

肉じゃが

筑前煮

牛肉ときのこのすき煮

肉豆腐



白身魚の煮つけ

さばのみそ煮

かき豆腐

大根と油揚げの煮もの

大根と豚肉の煮もの

豚の角煮・大根添え

ちりめんじゃこの大根煮

かぶと油揚げの煮もの

かぶのきのこ入りそぼろ煮

かぼちゃの煮もの

さつまいもの甘煮

いも炊き(愛媛)

金時豆の甘煮

黒豆



油揚げの甘辛煮

高野豆腐の煮もの

がんもの煮もの

くるま麩の玉子落とし

干ししいたけとかんぴょうの煮もの

練りもののサッと煮

こうやの卵とじ

   
 


Copyright (C) 2016 HOME SWEET HOME, All rights reserved. (ホームスイートホーム)